将兵の子どもに軍事教練、国際法違反の指摘

ミャンマー国軍が、将兵の子どもに軍事教練を義務化したことが分かった。市民による抵抗の活発化で予備兵力の増強を迫られていることが背景にあるとみられている。子どもを戦闘に参加させる目的で軍事教練に参加させることは、国際法にもミャンマーの国内法にも違反しているとの指…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国投資3割減、10~12月 2四半期連続で水面浮上ならず(01/25)

活気消え「平穏」が支配、増える失業(01/25)

ヤンゴンで大型車両の通行規制、2月から(01/25)

総司令官、電力不足認め「LEDで節電を」(01/25)

NUG「首相」、年内の国軍打倒を約束(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

中銀が1月5度目の介入、1500万米ドル売却(01/25)

14日までのバングラとの国境貿易、79%減(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン