• 印刷する

テイクオフ:銀行の預金金利が年15…

銀行の預金金利が年15%まで下がった……。ソウル五輪開催年の1988年を舞台にした人気ドラマ「応答せよ1988」に出てくるセリフだ。

韓国では当時、高度成長期による物価高騰を抑えるため民間貯蓄を増やす政策が取られていた。1960年代の預金金利は最高で年26.4%まで上昇したという。これは米カリスマ投資家、ウォーレン・バフェット氏の運用実績の年21%を上回る数字だ。超高金利を利用して資産を膨らませ、ソウル市内にある新築マンションなどを購入して、富裕層へと駆け上がった年配世代はかなり多い。

一方、現在は、過去最低の政策金利が続いた影響で預金金利は年1~2%ほどだ。若者の多くは夢のマイホームを手に入れるため、全財産を暗号資産(仮想通貨)などの高リスク商品に投資している。若い世代が感じる不公平感。もう少し理解されてもいいだろう。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1万4518人、過去最多を更新(10:16)

ブースター接種25.2万人増、接種率50.7%(10:16)

サムスン4Q営業益53%増、半導体がけん引(15:59)

テイクオフ:韓国の国会議事堂の地下…(01/27)

重大災害法きょうから施行 事故多発で改善、日系にも負担(01/27)

新規感染者1万3012人、初の1万人超え(01/27)

韓国サムスン、交通インフラへの投資に関心(01/27)

ブースター接種24万人増、接種率50.3%(01/27)

LGエナジー、GMと米に第3電池工場(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン