• 印刷する

【21年の10大ニュース】第2波乗り越え経済回復へ

2021年のインドは新型コロナウイルスの第2波に襲われた。西部のマハラシュトラ州で確認された変異株「デルタ株」は、4月から5月にかけて全国で爆発的に広がり、1日当たりの新規感染者数は40万人を超えた。

第2波の中でも政府は厳しい活動制限は取らなかった。全土封鎖を導入して社会と経済の混乱を招いた昨年の教訓から、感染対策の規制は地域政府に任せ、ワクチンの接種を急いだ。経済活動は感染爆発が落ち着いた6月から段階的に再開。7~9月期の実質国内総生産(GDP)の実額は、コロナ流行前の19年同期の水準を上回った。ただ、サービス業が堅調な回復を示す一方で、自動車や電子機器業界は世界的な半導体不足に悩まされ続けた。

12月下旬の段階でワクチン接種を1回受けた人は人口の6割、2回受けた人は4割。第2波の時のような急速な感染拡大は抑えられているものの、新たな脅威である変異株「オミクロン株」への感染は既に各地で確認されており、インドは感染対策を再び強化しながら新たな年を迎えることになる。

1月16日に始まった新型コロナワクチンの総接種回数は、10月21日に10億回の大台に達した(PTI)

1月16日に始まった新型コロナワクチンの総接種回数は、10月21日に10億回の大台に達した(PTI)

【第1位】ワクチン接種始まるも感染爆発、1日40万人

【第2位】経済回復進む、7~9月GDPはコロナ前超え

【第3位】半導体不足で車業界に打撃

【第4位】国産化振興策に日系参画、車にも期待

【第5位】フォード生産終了、完成車撤退は5年で5社に

【第6位】進む電動車開発、地場による投入加速

【第7位】石炭不足が深刻化、製造業にも影響

【第8位】対印投資が熱帯びる、ユニコーン続出

【第9位】赤字のエアインディア、ついに民営化

【第10位】日系大手、内需拡大見据え進出

【番外編】外国人観光客の受け入れ再開


関連国・地域: インド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国境貿易、5月も対中低迷 対タイはガス輸出の好調継続(06/29)

テイクオフ:商都ムンバイのあるマハ…(06/29)

ヨガへのIT活用広がる 新興、AI対応マットなど開発(06/29)

ハリヤナ州がEV優遇策を承認、補助金支給(06/29)

堅調なロシア経済、中印が資源買い支え(06/29)

タタ自、4月に続き商用車を再値上げ(06/29)

マヒンドラ、SUVスコーピオの新型を発売(06/29)

二輪TVS、新製品発売に向け車台を開発(06/29)

自部品スターリング、電動小型商用車に参入(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン