• 印刷する

豪11月新車販売は低水準、NZは過去最高に

オーストラリアとニュージーランド(NZ)では11月の新車販売台数が、それぞれ8万639台(前年同月比15.3%減)と1万6,327台(同37.3%増)となった。オーストラリアは11月単月で13年ぶりの低水準となった一方、NZでは過去最高を更新した。

オーストラリア自動車産業会議所(FCAI)の3日の発表では、オーストラリアの新車販売市場でシェア49.3%を占めたスポーツタイプ多目的車(SUV)は、前年同月比20.6%減の3万9,733台だった。一方、SUVを除く一般乗用車の販売は18.7%減の1万6,832台だった。小型商用車は4.8%減の2万222台、大型商用車は19.4%増の3,852台だった。

メーカー別ではトヨタ自動車が34.3%減の1万5,239台で1位を維持。2位には、現代自動車が6,854台(0.7%減)で入り、フォードが6,215台(6%減)で続いた。

モデル別では、フォード「レンジャー」が1位で、トヨタ「ハイラックス」は2位。3位は現代自動車「i30」だった。

州・準州・特別区別では、◇西オーストラリア州:19.8%減◇クイーンズランド州:19.5%減◇ビクトリア州:19.4%減◇タスマニア州:12.8%減◇南オーストラリア州:10.6%減◇ニューサウスウェールズ州:9.4%減◇北部準州(NT):8.5%減◇首都圏特別区(ACT):3.1%減――と減少した。

FCAIのウェーバー代表は「販売台数の減少は、マイクロプロセッサーの供給ひっ迫や新型コロナウイルスの感染拡大による影響で工場に敷かれている規制などが影響している」と述べた。

■NZ、長い納入期間短縮

NZ自動車産業協会(MIA)の2日の発表では、車種別で乗用車は1万1,214台(前年同月比40%増)、商用車は5,113台(33%増)だった。

メーカー別市場シェアは、トヨタ自動車が19%で1位だった。三菱自動車は14%で2位、フォードが12%で3位となった。

モデル別では、フォードの「レンジャー」が1位を維持し、2位は三菱自動車の「アウトランダー」、3位はトヨタの「カローラ」だった。

MIAのクロフォード代表は、「各社が供給問題を考慮して慎重に在庫計画を立てていることが、堅調な新車販売につながった」と述べた。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの有名なビーチ…(01/17)

豪企業、売掛債権額が45%減 コロナ感染再燃の影響顕著(01/17)

オーストラリアのフィンテック社、営業開始(01/17)

豪の家計消費、緩やかに回復へ=フィッチ(01/17)

ポテト制限・飲料欠品、値上げ圧力一段と(01/17)

〔オセアニアン事件簿〕トンガで海底火山噴火、豪NZ日で津波警戒(01/17)

感染増、連邦が6月末までテレヘルスを拡大(01/17)

豪製RATキット、TGA承認数カ月待ち(01/17)

ベトナム航空、オーストラリア定期便を再開(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン