政府の無形資産の早期償却案、1.7億$節税へ

オーストラリア財務省は5日までに、企業がソフトウエアなどの無形資産の減価償却期間を自己査定できるようにするための税制改正法案の草案を公開した。償却期間短縮により、企業は年間で合計1億7,000万豪ドル(約134億円)の節税となる見込み。新型コロナウイルス流行中の2020年…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの有名なビーチ…(01/17)

豪企業、売掛債権額が45%減 コロナ感染再燃の影響顕著(01/17)

オーストラリアのフィンテック社、営業開始(01/17)

豪の家計消費、緩やかに回復へ=フィッチ(01/17)

ポテト制限・飲料欠品、値上げ圧力一段と(01/17)

〔オセアニアン事件簿〕トンガで海底火山噴火、豪NZ日で津波警戒(01/17)

感染増、連邦が6月末までテレヘルスを拡大(01/17)

豪製RATキット、TGA承認数カ月待ち(01/17)

ベトナム航空、オーストラリア定期便を再開(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン