• 印刷する

ホンダが新会社、電動三輪バッテリーシェア

ホンダは2日、電動三輪タクシー(リキシャ)向けのバッテリーシェアサービスを行う100%の現地法人、ホンダパワーパックエナジーインディアを設立したと発表した。まずは南部ベンガルール(バンガロール)に交換所を設置して、2022年上半期中をめどにサービスを開始する。その後、他の都市でも段階的に事業を拡大していく計画だ。

新会社の資本金は13億5,000万ルピー(約20億4,000万円)。インドで製造した着脱式可搬バッテリー「ホンダ・モバイルパワーパックe:」を使用する。航続距離は従来品の約1.2倍。最寄りの交換ステーションで低コストでバッテリー交換でき、充電のための待ち時間を節約できるため、運転手の利便性は大幅に向上する。

新会社はほかにも、OEM(相手先ブランドによる生産)メーカーとも緊密に連携し、「ホンダ・モバイルパワーパックe:」を搭載した車両の拡大やサービスの普及にも力を入れていく考えだ。

ホンダは新会社を通じて、小型モビリティーの電動化を促進し、温暖化ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の実現に貢献したい考えだ。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「最近、インド人口は1…(01/25)

二輪バジャジが150億円投資 奨励金制度で、電動車の投入加速(01/25)

EV向け融資を優先分野に、NITI提言(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

シュコダ、新型セダンの現地生産を開始(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

西部高速鉄道、IRCONに線路敷設を発注(01/25)

食事宅配のスウィッギー、7億ドルを調達(01/25)

複合リライアンス、10~12月は42%増益(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン