• 印刷する

テイクオフ:隔離なしで当地に入国で…

隔離なしで当地に入国できる国・地域が増えてきていることもあり、海外旅行を計画しているという話をよく聞くようになった。今月20日から学校休暇に入ったため、一家で欧州へ1カ月以上のバカンスに出掛けた知人もいる。

29日にはマレーシアとの隔離なしの往来が始まった。1日当たりの人数が制限されているため、希望者全員が行き来できるようになるまでは時間がかかりそうだ。ともあれ両国の居住者にとっては朗報だ。長らくマレーシアへ帰国できずに働いていた人も多いため、早く母国の地に足を踏み入れたいに違いない。

そういえば自身も2年以上、日本に帰国していない。こちらで家族と暮らしているため、それほど寂しくはないが、そろそろ帰省してみたくなる。新型コロナウイルスの新たな変異株が猛威を振るい始めたが、影響が大きくならないことを願うばかりだ。(利)


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所の映画館が3月まで…(01/17)

フン・セン氏の強行策で波紋 ASEAN、外相会議も先送り(01/17)

シティの4カ国リテール買収 UOB銀行、4千億円超で合意(01/17)

オーストラリアのフィンテック社、営業開始(01/17)

コロナ下で世界物流停滞、輸送費高騰(01/17)

米テスラ、湾岸部の商業施設に販売専門店(01/17)

国内港湾のコンテナ取扱量、21年は過去最高(01/17)

三井物産・東京建物の開発ビル、正式開業(01/17)

GMO、韓国系ブロックチェーン団体と提携(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン