• 印刷する

テイクオフ:コロナ禍が続く中、多く…

コロナ禍が続く中、多くの人がウイルスから自分の身を守ろうとさまざまな対策を取っている。その中の1つに「紫外線(UV)除菌器」というものがある。ボックスの中に物品を入れ、UVを用いてウイルスを除菌しようというもの。これまでは赤ちゃんが使う物に使うことが多かったが、大人も新型コロナ対策として利用しているようだ。

ただこのUV除菌器の価格は、お財布にやさしいものではない。それゆえに動画投稿サイトにある作成方法を参考にしながら、自分で製作する人もいる。自作した知人が言うには、10分間、除菌器の中に入れておくことで除菌効果があるそうだ。例えばオンラインで商品を注文したときには、届いた商品を必ずこの除菌器に入れてから使用する徹底ぶり。

自作の除菌器にどれほどの効果があるかは分からないが、効果を信じて使用しているようだ。(エ)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信シングテル、インドネシアの銀行に出資(01/21)

石炭139社に輸出許可、国内供給義務達成で(01/21)

観光協力に関する覚書、インドネシアと締結(01/21)

不動産各社、開発用地を確保 首都移転にらみ、着工は細則待ち(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

ディーゼル発電所33カ所、ガスに切り替えへ(01/21)

インドネシアの石炭一時禁輸、越も動向注視(01/21)

1次エネルギーの再エネ割合、13%に縮小へ(01/21)

22年は石油ガス12鉱区を入札、エネ鉱省(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン