• 印刷する

14カ国からの入国禁止 新変異株対策、12月15日まで

フィリピン政府は28日、新型コロナウイルスの水際対策を強化し、南アフリカやスイスなど14カ国からの外国人の入国を禁止すると発表した。南アなどで見つかった新型コロナの変異株オミクロン株の流入を阻止する狙い。即時適用し、12月15日まで続ける。日本は含まれていない。入国時の隔離規定も見直し、厳しくして対応する。

政府は新型コロナウイルスの新変異株対策で入国制限を強化する=11月上旬、ニノイ・アキノ国際空港(NNA撮影)

政府は新型コロナウイルスの新変異株対策で入国制限を強化する=11月上旬、ニノイ・アキノ国際空港(NNA撮影)

入国禁止となる「高リスク(レッド)」の対象国は、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、レソト、エスワティニ、モザンビークのアフリカ7カ国のほか、オーストリア、チェコ、ハンガリー、オランダ、スイス、ベルギー、イタリアの欧州7カ国となる。26日にアフリカ7カ国からの入国を禁止したが、さらに対象を広げた。

14カ国からの入国のほか、これらの国に過去14日間以内の滞在歴がある人が対象となる。ワクチン接種の有無にかかわらず、入国を禁止する。

高リスクではない国・地域でも、入国時の隔離規定を見直す。「低リスク(グリーン)」の国・地域に適用している入国隔離の免除・短縮措置を一時的に停止し、入国する全ての人に「中リスク(イエロー)」と同じ措置を適用する。日本は低リスクに指定されている。

これまで低リスクの場合は、ワクチンを接種していて出国72時間以内のPCR検査の陰性証明書があればホテル隔離が免除され、入国後14日間は自身による健康観察で済んだ。接種していなくてもホテル隔離が短縮され、その後の自主隔離も免除されていた。中リスクの場合、接種していてもホテル隔離が義務付けられる。

自治体に対しては、高リスクの国・地域に今回指定された国からの入国者について、29日から14日間さかのぼって特定するよう指示した。入国から14日間の隔離が実施されたかの確認や、症状がある場合はPCR検査を実施するよう求めている。

世界保健機関(WHO)は26日、新たな変異株を「オミクロン」と名付け、警戒度の高い「懸念される変異株(VOC)」に指定した。多くの変異があるため感染力が強く、ワクチンの効果が落ちる恐れがあるという。ただ重症化しやすくなるのかなど含め、特性はまだ十分に明らかになっていない。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏と周辺州、月末まで外出制限延長(01/14)

新型コロナ、新たに3万7154人感染(18:06)

外国人の入国、接種証明必要に(01/14)

日本「低リスク」に、陰性48時間へ短縮(01/14)

新型コロナ、新たに3万7207人感染で最多(01/14)

新型コロナ、新たに3万9004人感染で最多(01/15)

経済特区、復旧で8割稼働 台風1カ月、インフラなお不安定(01/14)

被災地に深い爪痕、支援は「不十分」(01/14)

台風22号、インフラ・農業の被害深刻(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン