• 印刷する

テイクオフ:タイ政府が、新型コロナ…

タイ政府が、新型コロナの感染リスクが低い国・地域からの入国者を対象とした検疫体制を12月16日からさらに緩和すると発表すると、タイ人の同僚が顔を曇らせた。国民の大半が「開国」に懸念を抱いているとの世論調査もあり、観光業の立て直しに躍起になる政府と国民の温度差を感じる。

タイ人が心配するのも理解できるが、入国したその日から自由に行動できるようになるのはありがたい。渡航前の各種手続きに加え、日本の場合、ビジネス目的を除き帰国後に10~14日間の自主隔離をしなければならないことに変わりはないが、往来のハードルは確実に下がりつつある。

一方、南アフリカで新たな変異株が検出されたことを受けて、各国・地域がアフリカ諸国からの入国を禁止するなどの措置を取り始めた。再び世界で感染が拡大し、振り出しに戻るといった事態にならなければ良いのだが。(香)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本製鉄がタイ電炉2社買収、最大869億円(01/21)

22年のGDP成長率3.5~4.5%、財相予測(01/21)

隔離なし入国、2月から再開 経済再生へ全世界から受け入れ(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

都県別のコロナ感染状況区分(22年1月24日)(01/21)

感染者8129人、病床使用率は33%(20日)(01/21)

住宅建設ビルト、22年は売上高前年並み目標(01/21)

洗濯機アライアンス、売上高34億円超目標(01/21)

太陽光発電アイオン、今年の受注目標5倍増(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン