車載用電池、30年に381兆ルピアのGDP貢献

インドネシアの国営企業が設立した車載用電池製造の持ち株会社、インドネシア・バッテリー・コーポレーション(IBC)は、2030年に電気自動車(EV)用電池産業が国内総生産(GDP)に最大381兆ルピア(約3兆200億円)貢献できるとの見通しを示した。EV用電池の生産量が25…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

通信シングテル、インドネシアの銀行に出資(17:26)

石炭139社に輸出許可、国内供給義務達成で(17:21)

観光協力に関する覚書、インドネシアと締結(01/21)

不動産各社、開発用地を確保 首都移転にらみ、着工は細則待ち(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

ディーゼル発電所33カ所、ガスに切り替えへ(01/21)

インドネシアの石炭一時禁輸、越も動向注視(01/21)

1次エネルギーの再エネ割合、13%に縮小へ(01/21)

22年は石油ガス12鉱区を入札、エネ鉱省(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン