【10大・第3位】半導体不足で車業界に打撃

インドの2021年の乗用車販売は、世界的な半導体不足の影響で伸び悩んだ。新型コロナウイルス感染症流行の第2波が落ち着いた7月以降に影響が深刻化。需要は旺盛であるにもかかわらず生産が追いつかず、1年で消費が最も活発化する祭事期(10~12月)の販売に大打撃を与えた。 …

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

スズキ、新工場の土地取得 印事業40周年、州政府が式典主催(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

マヒンドラ、VWからのEV部品提供で提携(05/20)

ステランティス、23年にEV発売へ(05/20)

TVS、電動スクーターの新モデル発売(05/20)

ベダンタ半導体事業、工場の設置協議が難航(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン