隔離免除の大部分廃止、経済界から落胆の声

香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が26日、海外からの一部入境者へ例外的に認めている隔離免除措置の大部分を廃止する方針を表明したことに対し、経済界から落胆の声が上がっている。27日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。 香港に拠点を置く米系企…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

大物逮捕、カジノ業界に打撃 VIP売り上げ半減の予測も(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

羅湖など3カ所に投票所、本土の有権者向け(11/30)

とちぎの地酒を香港に、県が販路開拓支援(11/30)

入国者の隔離義務7日間に、変異株対策(11/30)

新たに3人感染、域内ゼロ=累計1万2430人(11/30)

OCBC永亨銀、来年にダブルペイ廃止(11/30)

続落、ハンセン指数は1.0%安=香港株式(11/30)

キャセイの香港到着便、3分の1が運休も(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン