• 印刷する

労組KSPI、最賃7~10%上げ要求デモ

インドネシア労働組合総連合(KSPI)は来年の最低賃金を7~10%引き上げるよう要求して各地でデモを展開した(KSPI提供)

インドネシア労働組合総連合(KSPI)は来年の最低賃金を7~10%引き上げるよう要求して各地でデモを展開した(KSPI提供)

インドネシアの労働組合のうち強硬派といわれるインドネシア労働組合総連合(KSPI)は26日、首都ジャカルタを含む全国24州の100県・市で労働者を集結してデモを展開した。来年の最低賃金を7~10%引き上げるなど4つの要求を訴えた。

KSPIの声明によれば、全国で1,000社の工場で働く労働者が各地のデモに参加した。KSPI広報責任者のカハル氏はNNAのオンライン取材に対し、各地であわせて約1万人が参加したと説明した。ジャカルタでは州庁舎前で午前10時から実施した。

最低賃金の引き上げ幅として提示した7~10%の水準は、KSPIが独自に調査した、適正な生活を営むのに必要な適正生活水準(KHL)の水準に合わせたとしている。

要求事項は最低賃金の引き上げのほか、雇用創出法の施行に伴い撤廃されたセクター別最低賃金の復活を求めた。また、企業が労働者と交わす労働協約の内容を雇用創出法にあわせて労働者に不利益なものとしないことや、雇用創出法そのものを廃止するよう主張した。

KSPIは要求が通らなければ今後もデモを展開すると主張している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアの配車アプ…(12/01)

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

首都圏をレベル2に強化 感染対策、オフィス出社50%に(12/01)

22年度税収、国税規則調和法で拡大を期待(12/01)

22年予算執行、保健などに注力=大統領(12/01)

国営石油、首都沖で2000万バレルの油田発見(12/01)

ペリタ・エア、A320で首都拠点の路線就航(12/01)

包装材トリアス、フィルム生産能力を増強へ(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン