• 印刷する

テイクオフ:首都圏では先週から新型…

首都圏では先週から新型コロナウイルスの感染抑制に向けた活動制限がほぼ撤廃され、ショッピングモールや飲食店に人があふれるようになった。同時に人手不足も顕在化しているようで、あちこちで求人の張り紙を見掛ける。

ただ、一度辞めた人を呼び戻すのは容易ではない。事業縮小や人員削減でロックダウン(都市封鎖)を乗り切ったホテル業界では人材難が深刻化しており、営業部門や総務部門の管理職までもがベッドメイキングに駆り出されている様子が地元紙で紹介されていた。記事には、勤め先のホテルを解雇された後、外資系製造業で職を得た人の「残業代や諸手当も含めると収入がほぼ2倍になった。ホテル勤めにはもう戻りたくない」という生々しい声も。

新型コロナの収束によって日常が戻ってきても、一度失われたものは完全には戻らないのだろう。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: サービス観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3日は臨時休日に、首都など3地域(12/02)

通信M1、マレーシアのICT企業を買収(12/03)

OCIと錦湖P&B、マレーシアに合弁設立(12/03)

テイクオフ:わが子が通う保育園でハ…(12/02)

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

「駐在員」の条件見直し示唆 ビザ発給厳格化の可能性も(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン