60年に非化石比率8割に、温暖化対策計画

【大連共同】中国共産党・政府は二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向け、2060年までにエネルギー消費に占める非化石エネルギーの比率を8割以上にすることなどを盛り込んだ行動計画を発表した。国営通信の新華社が24日伝えた。今月末に英国で始まる国連気候変動枠組み条約第26回…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では触れたことがな…(12/01)

「中国投資、合理的判断を」 遠東会長、対中認識に懸念も(12/01)

各社の新型電動車が勢ぞろい 脱炭素に向け前進、エキスポ開幕(12/01)

情報と工業の融合に5年計画 ソフト・ビッグデータも発展へ(12/01)

海運運賃が春節まで上昇も、変異株発生で(12/01)

香港に地域仲裁センター、李克強首相が表明(12/01)

国家物流ハブ25カ所を公表、発改委(12/01)

炭酸リチウムが急騰、環境車の需要拡大で(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン