• 印刷する

テイクオフ:今年の韓国は寒い。ソウ…

今年の韓国は寒い。ソウルでは10月にして早くも零度を記録し、南部でも寒波警報が出た。本格的な冬はまだ遠いものの、冷え込みの激しい朝晩には温かい料理が恋しくなる。

わが家では昔から、寒い日の定番はクリームシチューだった。日本の商品ならほとんど手に入る韓国でもなぜかシチューは見かけず、帰省のたびに市販のルーを買いだめした。生クリームを混ぜた「ロゼトッポッキ(炒め餅)」やカルボナーラ風ラーメンの人気を見れば韓国でもヒットしそうだし、オムライスのように洋食として定着してほしいものだが。

新型コロナウイルスの拡大以降、シチューはさらに入手が難しくなった。食べない時間が長くなる中、ふとした瞬間に寂しさを感じることが増え、故郷の味が意外と心の支えだったことに気付く。戸棚に1つ残ったルーを見つめながら、ため息がこぼれた。(瑞)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者5123人、過去最多を更新(11:02)

ワクチン完了4.9万人増、接種率79.9%(10:34)

コロナ初の5千人台、「ブレークスルー感染」増で(13:45)

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(12/01)

【不動産と家計負債】駐在員暮らしの質悪化 賃貸価格上昇、リスク管理必要に(12/01)

観光業、変異株規制なら大打撃 小売りも影響懸念(12/01)

新規感染者3032人、死者44人増(12/01)

変異株が市内拡大か、首相「再封鎖はなし」(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン