• 印刷する

〔のぞき見〕釜石のラグビー少年を招待、日台で交流試合

東日本大震災で被災した子供たちを励ますためのラグビーの日台交流試合が24日、台北市士林区のラグビー場で開かれた。台湾在住日本人のラグビーチームが主催し、岩手県釜石市のラグビー少年たちを招待。日台の少年たちは言葉の壁を乗り越えて体をぶつけ合い、ラグビーを楽しんだ。

在台日本人チーム「FIVEWOODS」の主将、山本英治さんが、大学時代の先輩で元ラグビー日本代表の向山昌利さんに「ラグビーを通じて被災した子供たちを励ましたい」と相談したことから企画が始まった。「言葉が通じなくても子供たちが笑顔でボールを追いかけてくれればいい」と山本さんは開催への思いを語った。向山さんは、「体と体をぶつけ合うのは究極のボディランゲージになる」と、ラグビーを楽しみながら海外の人と交流を図ることについての意義を話した。

来台したのは釜石シーウェイブスジュニア所属の小学1~6年生15人。台湾側は台北の少年チーム所属の中学1~3年生が参加した。向山さんによるラグビー教室も開かれ、日台の子供たちが一緒になって練習した。練習では大人も混じった日台混合チームでのゲームも行い、子供から大人までが交流を楽しんだ。

メーンの交流試合では25対15で釜石が破れる結果となった。多くの選手が悔しさに涙を流したが、FIVEWOODSのメンバーたちは「逆に励まされた、ありがとう」と、健闘ぶりに声援を送った。釜石チームキャプテンの川村直輝くん(小学6年生)は「負けたけどいい試合だった。台湾のチームと一緒に練習したのも楽しかった」と笑顔で語った。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ちょっとちょっと、あな…(09/21)

丸紅傘下が太陽光で融資獲得 100億元超、台湾の銀行で最高額(09/21)

TSMC、高雄に工場新設の可能性も(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

2大ゲーム機が同時発売、台湾企業に期待感(09/21)

ASUS、ゲーミングスマホ販売が好調(09/21)

相互が台湾工場閉鎖、華為の米制裁響く(09/21)

元太、楽天コボと桃園球場に電子看板設置(09/21)

汎徳、台湾最大のポルシェ展示場をオープン(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン