一帯一路は優先事項でない、デジタル元普及で

【上海共同】中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は21日までに、中国が進める巨大経済圏構想「一帯一路」の参加国に「デジタル人民元」を普及させることは「現時点では優先事項ではない」と述べた。国際的な資金決済への活用によりドルを基軸とする金融面での優位が揺らぐとして各…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

BMW、中国での充電インフラを拡充(15:37)

テイクオフ:家族で上海の中心部を散…(11/29)

最賃改定の波、下期も継続 計20地域、深センは北京超え(11/29)

本土往来問題は「作業段階」に、第2回会議(11/29)

ビジネス環境改革、北京など6都市で(11/29)

連邦が留学産業10年戦略、不足技能に重点(11/29)

鴻海グループ初の封止検査工場、中国で稼働(11/29)

工業企業の利益、1~10月は42%増(11/29)

PTT、来年初めにEV工場の投資計画決定(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン