中銀、住宅市場活性化へローン制限を緩和

タイ中央銀行(BOT)は21日、住宅市場の活性化に向けて、住宅ローンの借り入れに当たって、不動産の評価額に占める借入金の割合を、従来の70~90%から100%に引き上げると明らかにした。期間は同日から2022年末まで。バンコクポストが同日伝えた。 新型コロナウイルス感染症の…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

感染者4886人、3日連続で4千人台(1日)(14:50)

テイクオフ:多くの人にとって、朝起…(12/01)

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

各社の新型電動車が勢ぞろい 脱炭素に向け前進、エキスポ開幕(12/01)

感染者4306人、2日連続4千人台(11月30日)(12/01)

プルックサー、タウンハウス7件を一挙発売(12/01)

サイアムアルン、エカマイにモール開発(12/01)

不動産ノーブル、来年は住宅開発18件を計画(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン