シンガポールの血液製剤事業、SKが受注

韓国SKグループの血液製剤会社SKプラズマが、シンガポール政府から血液製剤の受託生産を受注したことが分かった。事業規模は約2,300万米ドル(約26億1,600万円)。同国の血液製剤事業を韓国企業が受注するのはこれが初めてという。聯合ニュースが伝えた。 SKプラズマは年内…

関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末、久しぶりに映画を…(12/02)

オミクロン株を初確認 海外入国含む5人、動揺広がる(12/02)

韓国からの日本入国、施設で6日間待機(12/02)

11月輸出初の600億ドル超、変異株で減速か(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

新規感染者5123人、過去最多を更新(12/02)

ワクチン完了4.9万人増、接種率79.9%(12/02)

原材料3割高、製造業の生産コスト3.5%増(12/02)

大企業番付、サムスン現法が5年連続首位(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン