• 印刷する

テイクオフ:「山の民はいい人が多い…

「山の民はいい人が多い」と、かつて赴任したインドでは言われていた。ニワトリの姿にも形容されるインドの国土でいえば、とさかや頭、背中に当たる、その先のネパールやブータンも含めヒマラヤ山脈に接する地域が「山」になる。

そんな記憶もあって、マレーシアが主要な出稼ぎ先となるネパール人をこちらで見掛けると、「いい人」と感じてしまう。マレーシアでは外国人で警備員の職に就けるのはネパール人(正確にはグルカ兵=ネパールの山岳地帯出身の兵士)だけなのも、どこかうなずける。

2カ月滞在した日本からクアラルンプールに戻り、最初に会話したのは自宅の警備員だった。「来年3月にはヒマラヤに戻るよ。もう7年もいるから」。マレーシアは外国人労働者の新規採用を昨年から凍結しており、帰国もままならなかったそうだが、うれしいような、さみしいようなお出迎えになった。(丑)


関連国・地域: マレーシアインドネパール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3日は臨時休日に、首都など3地域(12/02)

通信M1、マレーシアのICT企業を買収(12/03)

OCIと錦湖P&B、マレーシアに合弁設立(12/03)

テイクオフ:わが子が通う保育園でハ…(12/02)

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

「駐在員」の条件見直し示唆 ビザ発給厳格化の可能性も(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン