• 印刷する

テイクオフ:猫は嫌われ者――。小欄…

猫は嫌われ者――。小欄でも何度か書いたことがあるが、当地では、猫は不吉な動物のイメージが強く、ごみをあさったりするため「泥棒猫」などと呼ばれたりする。ただ、最近ではそうした印象もだいぶ変わってきているように感じる。

ペットとして飼う人が増えたこともあるが、何より「キャットママ」と呼ばれるボランティアの努力が印象の変化を生んだ。街を歩くと至る所で野良猫用の餌やり場が目に入る。いわゆる日本の「さくら猫」のように、野良猫の繁殖制限手術支援も行われている。「野良猫は汚い」という印象はもはや、過去のもののようだ。

こうした活動の広がりは、インスタグラムなどの会員制交流サイト(SNS)が大きな役割を担っている。あるキャットママのインスタには「野良猫は友人」とのメッセージが。この考えが、より多くの人に伝わってほしい。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者5266人、過去最多を更新(12:24)

ワクチン完了6.5万人増、接種率8割超(12:25)

テイクオフ:週末、久しぶりに映画を…(12/02)

オミクロン株を初確認 海外入国含む5人、動揺広がる(12/02)

韓国からの日本入国、施設で6日間待機(12/02)

11月輸出初の600億ドル超、変異株で減速か(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

新規感染者5123人、過去最多を更新(12/02)

ワクチン完了4.9万人増、接種率79.9%(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン