• 印刷する

テイクオフ:殺風景なわが家に癒やし…

殺風景なわが家に癒やし空間を作ろうと、観葉植物を買いにカビテ州まで足を運んだ。「安くて爆買いしちゃった」と友人からすすめられたのが、シランにある植物園。この町は植物栽培で有名らしく、個人宅にも「販売中」の看板が出ていたほどだ。

広大な敷地の植物園には数十の店舗が軒を連ねていた。価格は、近所の商業施設で販売されている植物の十分の一と、破格の安さ。値下げ交渉にも応じてくれる。30年前に福岡で歌手をしていたという女性店主によると「昨年急に売り上げが伸びた」とか。交通の便はやや悪いものの、マニラ首都圏から車で来て大量に買い付ける人が増えたそうだ。この日もひっきりなしに客が出入りしていた。

熱帯らしい「モンステラ」など大小含めて計6点を購入した。いざ置いてみると「ここにもほしい」と欲が出てくる。近いうちに再訪してみよう。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:国民の間で2022年総…(12/02)

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

地場大手、海外事業を強化 インフラなど、国内経験生かす(12/02)

18歳以上への追加接種、食品医薬品局が承認(12/02)

新型コロナ、新たに500人感染(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

高規格道路の基本計画、日本政府が引き渡し(12/02)

エネ省がグリーン水素生産検討、独支援で(12/02)

経済区庁、在宅勤務規制の見直し断念(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン