【不動産と家計負債】リスクの根源「チョンセ」 富裕層への近道、両刃の剣を内在

韓国特有の賃貸制度「チョンセ」。国民に慣れ親しまれてきた独自の仕組みだが、「不動産の高騰」と「家計負債の拡大」という韓国が抱えるリスクの根源にもなっている。住民生活に密接する問題であることから、韓国政府も改革に踏み込めていない。現状の放置が続けば、バブル崩壊や…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

LGエナジーが1兆円調達 上場で韓国2位、電池に大型投資(01/28)

新規感染者1万4518人、過去最多を更新(01/28)

ブースター接種25.2万人増、接種率50.7%(01/28)

3日から一般病院で治療、オミクロン対応(01/28)

サムスン4Q営業益53%増、半導体がけん引(01/28)

サムスン電子西安工場、1カ月ぶり通常操業(01/28)

米社とGIC、韓国のデータセンターで合弁(01/28)

ネイバーの営業益8.5%増、過去最高を更新(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン