9月の乗用車販売、4割減 人気モデルの納車待ち解消されず

インド自動車工業会(SIAM)が発表した9月の国内の乗用車販売台数(出荷ベース)は、前年同月比41.2%減の16万70台だった。半導体不足の影響が続き、前月の23万台余りからも3割減少した。鮎川堅一会長(マルチ・スズキ社長)は声明で、「需要は復活しつつあるものの、半導体…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアに旅立つ前、…(11/30)

鍛造業界が事業多角化 EV・防衛産業向けに対応(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

国外でのオミクロン株確認を受け、各州警戒(11/30)

国際線到着、乗客5%に新型コロナ検査実施(11/30)

ボルタス、コンプレッサー工場の設置計画(11/30)

日用消費財市場、10~12月は縮小(11/30)

政府、MP州のエネ部門に1300億ルピー(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン