• 印刷する

テイクオフ:インド人が最も元気にな…

インド人が最も元気になる10~12月の祭事期がやってきた。新型コロナウイルス感染症による自粛ムードの漂った昨年に比べ、今年は盛り上がると予想されている。

クライマックスは11月4日の「灯明祭」(ディワリ)。知人のインド人は、贈り物の買い物リストの作成に張り切っている。ただ「子どもがね……」と声を落とす。小学校に通う娘がまだワクチンを接種できていないことを心配する。今年のインドは、3月から4月の祭りに大勢の人が集まり、その後に感染の第2波が到来した。来月のディワリ後はどうなるか、懸念する人は少なくない。

それでもやはり、来月の大祭は華やかなものになるのだろう。ディワリという言葉を口にするとき、インドの人々は表情が明るくなる。たとえコロナ禍でも祭りを止めることはできない。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドではコロナ禍で多…(10/27)

祭事期のスマホ需要旺盛 半導体不足も、5千万台販売か(10/27)

軸受けNTNの競争委調査、違反なしで終結(10/27)

タタ傘下JLR、3工場で生産を一時的停止(10/27)

トヨタ、印工場での100%炭素中立を達成(10/27)

中国系LEVC、インドにEVタクシー投入(10/27)

電力タタ、EVの充電所が1千カ所突破(10/27)

車販売サイトのカーデコ、西部に販売店設置(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン