必需品が高騰、生活を直撃 食用油・マメなど5割高~2倍に

ミャンマーで生活必需品の高騰が続いている。ミャンマー料理に欠かせないパーム油やニンニクの価格はクーデター直前の1月から10月上旬までに2倍前後に上昇。ヒヨコ豆などの豆類の値上がり率も5割近くに達した。幅広い物価に影響がおよぶ燃料価格も2倍に高騰しており、生活が困…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染は521人、検査陽性率2.5%に上昇(12/03)

ラオス中国鉄道が開通、「債務のわな」懸念(12:06)

物価、7月までに6%上昇 必需品の値上がり2桁に(12/03)

ミャンマー「外相」招待、カンボジア(12/03)

都市部の貧困層3倍で中間層消滅、国連予測(12/03)

人道支援必要者が増加、紛争とコロナ影響(12/03)

WFP、ヤンゴンの3郡区で食糧支援を開始(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン