• 印刷する

テイクオフ:空港に降り立った時に感…

空港に降り立った時に感じるニンニクの匂い。韓国に旅行するたび、いつもこの匂いで旅が始まる喜びを感じていた。韓国人の友人に話すと「日本の空港は畳の匂いがする」と言われた。まるで祖母の家のような、どこか懐かしい匂いなのだという。日本人からすると全く感じないのが不思議で面白い。

匂いのもとは空港内の飲食店などにあることは分かっていても、その国を感じられる空港の匂いが好きだ。無意識に脳裏に焼き付いていて、日常の喧噪(けんそう)の中でふと思い出せば、時空を超えて旅の記憶を鮮明に呼び起こしてくれる。

韓国は11月から防疫と経済を両立する「ウィズコロナ」にかじを切ろうとしているものの、自由に海外旅行ができる日常を取り戻すにはまだ時間がかかりそうだ。それまでしばらくは、思い出の「匂い」で妄想旅を楽しみたい。(辰)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者4944人、死者34人増(12/03)

ワクチン完了6万人増、接種率80.2%(12/03)

私的な集まりの人数制限強化、感染抑制へ(12/03)

11月の韓国車販売15%減 半導体不足で、変異株の行方が鍵(12/03)

新規感染者5266人、過去最多を更新(12/03)

ワクチン完了6.5万人増、接種率8割超(12/03)

18~49歳の追加接種、4日から実施へ(12/03)

ネイバーZ、ソフトバンクなどから投資誘致(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン