• 印刷する

テイクオフ:電子商取引(EC)サイ…

電子商取引(EC)サイトを利用することが増えたため、自然と配達員と顔を合わす機会が増えた。驚いたのが、明らかに18歳未満であろう子どもが小包を運んでくることだ。先日見かけた少女は、某北欧系家具ブランドの大きなバッグに小さな小包をたくさん詰めて、集合住宅1棟の中を順に回っているようだった。細い身体でよたよたと歩いていたため、なんだか心配になってしまう。

シンガポールでは13歳から就労が可能だ。15歳未満の場合、長時間の労働や高負荷な作業、就学時間中の労働は禁止されているが、短時間の簡単な作業は認められている。片手で持てるサイズの小包を夕方に各世帯に届けるのは、ちょうどいい労働なのかもしれない。

日本でも義務教育を修了した15歳以上なら就業可能だが、子どもには疲れた顔で働くよりも、笑顔で遊んでいてほしいと思うのは大人のエゴだろうか。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自室の窓から見えていた…(10/27)

製造業生産、11カ月ぶり低下 バイオ医療・製薬が反動減で不振(10/27)

ワクチン未接種の従業員、解雇も可=人材省(10/27)

豪、日本やEU注力で海外直接投資を多様化へ(10/27)

外食業などの安全認証、23年から制度改定(10/27)

低炭素電力の輸入、2件の提案を募集(10/27)

米生命科学テンエックス、生産統括拠点開設(10/27)

隔離なし入国枠組み、豪州とスイスを追加(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン