• 印刷する

ユニクロ旗艦店、8日に台北でリニューアル

ファーストリテイリングの台湾現地法人、ユニクロ台湾(台湾優衣庫)は8日、台北市大安区の「ユニクロ明曜百貨店」を「ユニクロタイペイ」としてリニューアルオープンする。台湾唯一のグローバル旗艦店として幅広い商品を扱い、消費者に新たな買い物体験を提供するとしている。

売り場は以前の3フロアから4フロアに拡張し、面積は約3,500平方メートル。ユニクロの商品をフルラインアップでそろえ、台湾企業とコラボレーションしたTシャツなども扱う。売り場は台湾の芸術家がデザインした竹製の芸術品を展示するなど台湾らしさを打ち出している。子ども服売り場には絵本などを集めたコーナーも設けた。

リニューアルオープンを翌日に控えた7日には、地元メディア向けに店内を公開。ユニクロ台湾の黒瀬友和最高経営責任者(CEO)はNNAに対し「店舗が立地する東区、台湾への思いを詰め込んだ。発信力のある店舗をつくっていきたい」とコメントした。イメージキャラクターを務める徐若瑄(ビビアン・スー)さんも店舗を訪れ、ユーモアを交えながらユニクロの魅力をアピールした。

ユニクロは2010年に台湾1号店を開業。現在は全域に70店舗を展開している。

テープカットでリニューアルオープンを祝う黒瀬友和CEO(右から2人目)やビビアン・スーさん(中央)=7日、台北(NNA撮影)

テープカットでリニューアルオープンを祝う黒瀬友和CEO(右から2人目)やビビアン・スーさん(中央)=7日、台北(NNA撮影)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 繊維小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾の火鍋店では「沙茶…(11/30)

エネルギー消費、最高更新へ 生産活動正常化で、供給量も回復(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

コロナ警戒第2級、来月13日まで延長(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

重点高リスク国に4カ国追加、水際強化で(11/30)

3回目接種、65歳以上や医療従事者に実施へ(11/30)

新型コロナの域内感染、24日連続ゼロ(11/30)

力積電の銅鑼園区工場、環境アセス初審通過(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン