中国生物、上海嘉定のワクチン生産拠点着工

国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)系の中国生物技術は25日、上海市嘉定区で新型コロナウイルスワクチンの生産拠点を着工した。メッセンジャーRNA(mRNA)という遺伝物質を使ったワクチンを生産する。 同拠点の建築面積は3万2,500平方メートル。うち1万6,000平…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

若年層は月収の25%を貯蓄、直近4年の最高(17:21)

テイクオフ:「3回目どころか、1回…(10/28)

中国電信の免許取り消し、安全保障上の脅威=米(10/28)

非化石エネ比率が石炭超えへ 設備容量ベース、年末までに(10/28)

CO2ピークアウトに行動計画、30年達成へ(10/28)

石炭価格は「年末に大幅下落」、発改委(10/28)

豪中ワイン関税問題、WTOがパネル設置(10/28)

米通信当局、中国電信の事業免許取り消し(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン