コロナ警戒引き下げ、ワクチン接種など考慮

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心の陳時中指揮官は24日開いた会見で、新型コロナウイルス感染症の警戒レベル(第1級が最も緩く、第4級が最も厳格)を現行の第2級から第1級に引き下げる判断材料として、1回目のワクチン接種率が60%に達することなどを挙げた。中…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今の部屋に引っ越してか…(10/19)

鴻海、EV3車種を初公開 23年にもSUV発売、バスも導入(10/19)

18日の感染者、域内・域外ともにゼロ(10/19)

陳指揮官、「接種進めば入境規制緩和も」(10/19)

高鉄自由席、11月に販売再開へ(10/19)

シャープに65億円求め提訴、鴻海系企業(10/19)

コウ康が日本拠点拡充、TSMC需要見越し(10/19)

電動バスメーカー、増産計画を推進(10/19)

新光三越、コスメ専門店を新北にオープン(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン