• 印刷する

テイクオフ:シコクビエやソルガムと…

シコクビエやソルガムといったインドの伝統的な穀物は、健康上の利点から奇跡の穀物と考えられており、健康需要の高まる当地で徐々に人気を集めている。

通常はコメと小麦を好むインド人だが、今では多くの人がシコクビエを食事に取り入れたいと考えている。この需要は、新興企業や、ITCやタタ・コンシューマー・プロダクツなどの日用消費財(FMCG)大手がシコクビエやソルガムを使用した食品を発売する市場を生み出した。

タタはシコクビエを使った食品を展開する新興ソウルフルを買収した。タタはまた、従来の穀物に代わるより健康的で持続可能な代替品としての雑穀の可能性を最大限に引き出すため、国内の研究所と提携した。

スラップ・ファームやハッパ・フーズなどの新興企業も誕生し、市場を開拓している。これらの企業が開発したシコクビエなどを活用した商品は好評だという。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:初めてのインドでの賃貸…(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

IT大手7~9月も増収増益 需要継続、成長予測引き上げも(10/26)

ゴダワリ、電動車工場整備に15億ルピー(10/26)

今年の乗用車販売、半導体不足で最大45万台減(10/26)

コロナ検査陽性率、3カ月半ぶりに5%切る(10/26)

L&T、再エネ導入などに最大500億ルピー(10/26)

印ITのHCL、高卒者2600人を研修後採用(10/26)

複合リライアンス、7~9月は5割増収(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン