コロナ感染対策を再び厳格化 27日から4週間、在宅勤務基本に

シンガポール政府は24日夕方、新型コロナウイルスの感染対策を再び厳格化すると発表した。期間は9月27日~10月24日の4週間。国内の1日当たりの新規感染者が過去最高水準に急増していることが背景にある。在宅勤務を基本的な働き方とするほか、集団活動や店内飲食の人数制限を最…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自室の窓から見えていた…(10/27)

製造業生産、11カ月ぶり低下 バイオ医療・製薬が反動減で不振(10/27)

ワクチン未接種の従業員、解雇も可=人材省(10/27)

豪、日本やEU注力で海外直接投資を多様化へ(10/27)

外食業などの安全認証、23年から制度改定(10/27)

低炭素電力の輸入、2件の提案を募集(10/27)

米生命科学テンエックス、生産統括拠点開設(10/27)

隔離なし入国枠組み、豪州とスイスを追加(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン