台湾製靴大手、ベトナム工場の操業再開へ

台湾の製靴受託大手各社は、新型コロナウイルス拡大の影響で操業停止が続いていたベトナム工場の操業を段階的に再開するもようだ。同国政府が防疫措置の緩和に動いていることや、従業員のコロナワクチン接種率の上昇などが背景にある。経済日報が伝えた。 宝成工業は、傘下の宝元…

関連国・地域: 台湾ベトナム
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

17日の域内感染者、2日ぶりゼロ(16:18)

コロナ警戒第2級延長、マスク規制を緩和(15:49)

鴻海、虎躍工場にクラウドDC設置(10/15)

15日の域内感染者、4日連続ゼロ(10/15)

TSMCが日本工場設置発表 24年に量産開始、成熟プロセス(10/15)

TSMC巡り1兆円規模の民間投資支援と首相(10/15)

TSMC、熊本県ソニー工場隣接地に進出で調整(10/15)

TSMC日本工場「歓迎したい」と経産相(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン