• 印刷する

IHH、医療のデジタル化に1億ドル投資

マレーシアの病院経営大手IHHヘルスケアは、デジタル医療の強化に向こう3年で1億米ドル(約110億円)の設備投資を計画している。スター(電子版)が23日伝えた。

ケルビン・ロー社長兼最高経営責任者(CEO)によると、▽デジタル基盤の構築▽患者向けサービスのデジタル化▽人工知能(AI)やデータ分析を活用した治療――の3分野に資金を振り向ける。

ケルビン氏は「既存の医療サービスでは、患者は治療を受けるために病院に行く必要があり、病院側のサービスは資本集約的だといえる」と指摘。再診察や処方箋の再発行などは、遠隔でのサービス提供が可能だと説明した。

その上で、デジタル医療の強化は従来の医療モデルの変革につながるとし、「医療のデジタル化はIHHグループにとって長期的な課題だが、円滑な移行を確実に進めていく」と語った。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

家具イケア、3店舗目開業で21%増収(14:54)

デジタル人材の給与上向きか 22年は2%上昇、業界団体が予測(10/15)

新規感染8084人、5日ぶり8千人台(10/15)

RM1=27.3円、$1=RM4.15(14日)(10/15)

UOBが建物省エネに融資、東南ア4カ国で(10/15)

ブースター接種が開始、高齢者などを対象(10/15)

外国人のワクチン接種、約300万人に(10/15)

ビジネス目的の入国、1年で1120社が申請(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン