顔シールド着用、屋外不要に 異例の感染対策、効果に疑問多く

フィリピンのドゥテルテ大統領は22日夜、新型コロナウイルス対策で外出時に着用を義務付けているフェースシールドについて、屋外では原則として着用不要にすると明らかにした。ワクチン接種が進み始めているため、今後は商業施設や人が集まる場所など感染リスクが高い場所に限定す…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスのワ…(10/27)

商工省、制裁回避へ対応強化 輸出回復、紛争の増加に備え(10/27)

接種拡大に非協力な職員クビ 大統領、普及遅れいら立ち(10/27)

新型コロナ、新たに4393人感染(10/27)

モーリシャス由来の変異株、比で初めて確認(10/27)

運輸省、公共交通の乗車制限撤廃を提案(10/27)

韓国とフィリピン、FTA交渉が妥結(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン