• 印刷する

テイクオフ:世界の多くの国ではサッ…

世界の多くの国ではサッカーが大人気だが、インド、パキスタン、バングラデシュなど南アジアの国の人々はクリケットに夢中だ。試合が中止にでもなろうものなら、国民は喪に服すかのようにしょんぼりしてしまう。

先週まさに、そんな出来事があった。パキスタンでニュージーランド対パキスタンの一連の試合が行われる予定だったのだが、最初の試合の直前に、ニュージーランドチームが「安全上の脅威」を理由にツアーの中止を決めたのだ。パキスタン人は、絶望した。多くの人々が「パキスタンの名誉を傷つけた」とニュージーランドチームを非難している。

パキスタンでは、現地に遠征したスリランカチームがテロリストに襲撃されたことが原因で、2009年以降は国際的なクリケットの試合が行われていない。パキスタンのクリケットチームが、これ以上孤立しないことを祈りたい。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドではコロナ禍で多…(10/27)

祭事期のスマホ需要旺盛 半導体不足も、5千万台販売か(10/27)

軸受けNTNの競争委調査、違反なしで終結(10/27)

タタ傘下JLR、3工場で生産を一時的停止(10/27)

トヨタ、印工場での100%炭素中立を達成(10/27)

中国系LEVC、インドにEVタクシー投入(10/27)

電力タタ、EVの充電所が1千カ所突破(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン