政策金利3.5%、7カ月連続で据え置き

インドネシア中央銀行は21日、前日から2日間開いた月例理事会(金融政策決定会合)の決定に基づき、政策金利の7日物リバースレポ金利を3.5%に据え置くと発表した。同金利の据え置きは7カ月連続。 市場金利の実質的な下限である「翌日物預金ファシリティー金利(FASBI)」…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界で今、話題沸騰の米…(10/28)

隣国での太陽光発電事業拡大 サンシープ、日系含む7社と提携(10/28)

投資通年目標の73%達成 3Qは前年比4%増、回復基調に(10/28)

EVのCKD生産は24年までに終了:産業相(10/28)

ゴジェック、首都南部に電動バイク500台(10/28)

バイオディーゼルの相殺関税、英国も適用(10/28)

メドコ子会社、シンガポールに電力輸出へ(10/28)

今年の再生エネ投資、目標未達の見通し(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン