業績悪化の中国恒大、トップが危機感表明

大手デベロッパーの中国恒大集団(広東省深セン市、チャイナ・エバーグランデ・グループ)の許家印董事長は21日、社内に向けた文書で「会社はかつてない巨大な困難に直面している」と危機感を表明した。ネットメディアの澎湃新聞などが伝えた。 許氏は従業員に対し、「全員が未曽…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 自動車・二輪車金融建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

越境理財通の商品販売始まる 認可銀行、ビジネス拡大に意欲(10/20)

テイクオフ:この夏、上海出身の中国…(10/20)

シアヌークビルの特区開発、中国企業と契約(10/20)

充電インフラの需要急拡大 NEV普及で、30年に市場30倍へ(10/20)

北京が外資参入規制を一部緩和、VPNなど(10/20)

ラオス中国鉄道が12月開通、貿易拡大に期待(10/20)

業績見通しの調整相次ぐ、7割が上方修正(10/20)

電力フル稼働指示、不足解消で原発も総動員(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン