主要株価指数、中国恒大リスクで大幅下落

マレーシアの主要30銘柄で構成される株価指数FTSEブルサ・マレーシアKLCI(FBM・KLCI)の20日の終値は1527.89と、前営業日比で1.33%(20.62ポイント)下落した。中国不動産大手、中国恒大集団の米ドル建て債務の不履行が現実化しかねないとの警戒感から、売り注文…

関連国・地域: 中国香港マレーシア
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:陸路でつながっているマ…(10/26)

テイクオフ:クアラルンプールのチェ…(10/26)

マレーシアなど域内3国の直行便、再開決定(10/26)

首相、国家貿易青写真を発表 輸出の構造改革へ8つの戦略指針(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

新規感染4782人、4カ月ぶり5千人割れ(10/26)

ス州、初の航空ショーを来月下旬に開催(10/26)

RM1=27.4円、$1=RM4.15(25日)(10/26)

ペトロナス小売部門、タイ事業を売却(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン