• 印刷する

テイクオフ:中秋節連休が終わった。…

中秋節連休が終わった。6月中旬の端午節連休は新型コロナウイルスの感染急拡大で観光どころではなかっただけに、感染状況が落ち着く中で迎えた今回の連休を楽しみにしていた人は多かったようだ。

連休初日の18日、台北市北部の関渡から自転車で海に向かう途中に立ち寄った新北市の観光地、八里老街は大勢の観光客で活気づいていた。家族連れや若者のグループが屋台の軽食を買ったり、自転車に乗ったりと思い思いの時間を過ごしていた。皆マスクを着けてはいるが、まるでコロナ前に戻ったようなにぎわいだった。

地元メディアによると、域内各地の観光地は連休中、大勢の人で混雑したという。これまで辛酸をなめてきた飲食業や観光業にとっては恵みの雨になったことだろう。一方で感染再拡大を懸念する声も上がる。何とかこのまま抑え込んでほしいものだ。(祐)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今の部屋に引っ越してか…(10/19)

鴻海、EV3車種を初公開 23年にもSUV発売、バスも導入(10/19)

18日の感染者、域内・域外ともにゼロ(10/19)

陳指揮官、「接種進めば入境規制緩和も」(10/19)

高鉄自由席、11月に販売再開へ(10/19)

シャープに65億円求め提訴、鴻海系企業(10/19)

コウ康が日本拠点拡充、TSMC需要見越し(10/19)

電動バスメーカー、増産計画を推進(10/19)

新光三越、コスメ専門店を新北にオープン(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン