• 印刷する

テイクオフ:国のリーダーにとって今…

国のリーダーにとって今は受難の時代と言えそうだ。長引くコロナ禍の中、感染を抑えつつ経済をどうやって回すのか。蓄積する一方の国民の不満をどのように解消するのか。かつてないほどの難しいかじ取りが求められている。

退陣を求めて連日デモが繰り返されているタイ。今月上旬には閣僚2人が首相の不信任決議を図ったことを理由に辞任に追い込まれるなど、政権内での不協和音も伝えられる。日本では自らの不人気を悟った首相が退陣を決めた。ミャンマーのように暴力的な弾圧で国民を押さえつけようとする国もある。

そうした中、フィリピンの国民的英雄が次期大統領候補に名乗りを上げた。ボクシング元6階級制覇王者のマニー・パッキャオ氏。並みいる強敵をマットに沈めてきた元チャンピオンは、「院政」をもくろむ現職大統領に、どんなカウンターパンチを見舞うのだろうか。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自分の銀行口座の残高が…(10/26)

観光再開、日本人も受け入れ 46カ国・地域対象に入国隔離免除(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

11月1日からの隔離免除対象国・地域(表)(10/26)

感染者8675人、7日連続で1万人割る(25日)(10/26)

1~9月の新車販売、前年並みの53万台(10/26)

2021年9月のタイの新車販売台数(表)(10/26)

ペトロナス小売部門、タイ事業を売却(10/26)

政府が税制以外でもEV産業支援を強化(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン