コロナとの「共生路線」強調 検査・自宅療養強化、自粛も要請

シンガポールのオン・イェクン保健相は17日夕方、同国政府が「新型コロナウイルスと共生するニューノーマル(新常態)を目指す」方針であることを改めて強調した。即時抗原検査(ART)の自己実施の促進や、感染者の自宅隔離療養の体制を拡充するほか、法的強制力はない形での社…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

24年に炭素税引き上げ 詳細は来年公表、増税幅に注目(17:51)

人材開発省、警備2社を過重労働で告発(16:40)

ECショッピー、1600人超を新規採用へ(17:26)

ドンドンドンキ、東部タンピネスに11号店(16:40)

家具イケア、3店舗目開業で21%増収(16:40)

テマセク、ディープテックに年10億ドル投資(16:42)

電力小売市場、事業者の撤退相次ぐ(16:41)

9月の民間住宅販売、感染対策強化で大幅減(16:41)

オーツミルクの欧社、北部で生産工場開業(16:41)

新規感染3348人、死者は9人(16日)(17:28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン