大気汚染、大統領に責任と裁判所が認定

【ジャカルタ共同】インドネシア・ジャカルタ首都圏で大気汚染の悪化により健康に生活する権利を侵害されたなどとして、市民がジョコ大統領やジャカルタ特別州の知事ら7人に改善を求めて訴訟を起こし、中央ジャカルタ地裁は16日、政府側の責任を一部認めた。 東南・南アジアでは…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界で今、話題沸騰の米…(10/28)

隣国での太陽光発電事業拡大 サンシープ、日系含む7社と提携(10/28)

投資通年目標の73%達成 3Qは前年比4%増、回復基調に(10/28)

EVのCKD生産は24年までに終了:産業相(10/28)

ゴジェック、首都南部に電動バイク500台(10/28)

バイオディーゼルの相殺関税、英国も適用(10/28)

メドコ子会社、シンガポールに電力輸出へ(10/28)

今年の再生エネ投資、目標未達の見通し(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン