• 印刷する

ワクチン約172万本、台湾に17日到着

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心は16日、英アストラゼネカ製と米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン計約172万本が17日に台湾に到着すると発表した。

いずれも台湾政府が購入したもので、アストラゼネカ製は約64万本が17日午後に、モデルナ製は約108万本が17日夜にそれぞれ到着予定。

指揮中心は昨年10月、アストラゼネカとワクチン1,000万本の購入契約を締結。これまでに計372万7,000本が台湾に到着した。モデルナ製は年内に605万本の供給を受ける予定で、このうち258万本が既に到着している。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:車はないが、家なら持っ…(10/20)

新興企業の国際知名度向上へ 9社を選定、蔡総統が表彰(10/20)

新型コロナの域内感染、19日は1人(10/20)

台北市長、政府のワクチン采配を批判(10/20)

TSMCの米工場、「台湾を複製」(10/20)

21年のウエハー世界出荷、過去最高予測(10/20)

NAND、4Q以降に値下がり=調査会社(10/20)

中華電信、5GとAIoTを介護分野に導入(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン