• 印刷する

テイクオフ:現在、6件出しているカ…

現在、6件出しているカジノ免許の期限が来年に迫る中、マカオ政府がカジノ業法の改正作業を本格化させている。きのう15日から来月29日まで意見公募(パブリックコメント)を実施中。期限を考えるとタイトだが、昨年来、新型コロナウイルス対策に追われていた以上、遅れたのは無理もないだろう。

1999年にポルトガルから中国にマカオの行政権が返還された後、「カジノ王」と呼ばれた故スタンレー・ホー氏の独占体制が打破されたことでマカオのカジノ産業は驚異的な成長を遂げ、米ラスベガスを抜いて世界トップに躍り出た。カジノ税収で財政が潤ったマカオ政府が、毎年のように住民に現金を配るようになって久しい。

だがコロナ禍はカジノ産業の基盤を揺るがし続けている。マカオ政府はさらなるコロナ禍長期化を織り込んだカジノ産業のニューノーマル(新常態)戦略を打ち出せるだろうか。(和)


関連国・地域: 香港マカオ
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

越境理財通の商品販売始まる 認可銀行、ビジネス拡大に意欲(10/20)

警備大手、新ビデオ会議システム提供(10/20)

林鄭行政長官が骨折、公邸で転倒(10/20)

企業昇給率、21年は1.0%に低下(10/20)

新たに2人感染、域内ゼロ=累計1万2301人(10/20)

空港職員、PCR検査の間隔を短縮へ(10/20)

香港ディズニー、入場料を2段階の変動制に(10/20)

続伸、ハンセン指数は1.5%高=香港株式(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン