港湾公団、コンケンにコンテナ基地開発

タイ港湾公団(PAT)のカモンサック総裁は、東北部コンケン県の内陸コンテナ基地(ICD、ドライポート)建設計画について事業化調査を進めていると明らかにした。2日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。 投資額は22億バーツ(約72億7,000万円)。同県ナムポン郡ムアンワ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1.3万人、死者は131人(23日)(19:15)

テイクオフ:火災が発生しました。直…(09/23)

日系企業、在宅勤務に課題も 意思疎通の活性化が解決の鍵に(09/23)

感染者1.1万人、死者141人(22日)(09/23)

ホンダ、バイク「CBR150R」発売(09/23)

アジア21年成長率引き下げ、7.1%予想(09/23)

モアリターン、不動産開発事業から撤退(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン