【為替・金利】マレーシアの為替・金利動向と展望・8月

◆2021年7月の動向 7月の対米ドル・リンギ相場は4.15台での寄り付き。マレーシアにおける新型コロナウイルスの新規感染は、ロックダウン(都市封鎖)の実施にもかかわらず落ち着きを見せず、7月に入って増加ペースが加速。その環境下、アブドラ国王は政権に対して7月中の議…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本からマレーシアに戻…(10/28)

不法就労の外国人摘発強化へ 来年1月以降、経済界からは反発(10/28)

新規感染6148人、累計244.8万人(10/28)

プロトン、パキスタンで「サガ」生産開始(10/28)

RM1=27.4円、$1=RM4.15(27日)(10/28)

ペトロナス、サバ州に沿岸LNG施設建設へ(10/28)

インソンとMGTC、充電スタンド運営(10/28)

イードットコー、113基の通信塔を設置(10/28)

不動産サイム、ヌ州産業特区で工業団地開発(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン